桑蓬会!

「 桑 蓬 会 」の い わ れ 」

1983年5月に、東郷先生宅で開催された
拡大発起人会で、従来の会名を【桑蓬会】

と改定したらと先生から提案が出されまし
た。
ならば、それをもって新生しょうということ
で、翌6月に第一回(発足)総会として
スタートを切ったのです。
会名の主旨は次の通りです。                
内池 滋

 
桑蓬の こころざしをもった者の集い
【意 味】男子が天下に雄飛しょうとする志

桑蓬=古代中国で男子が生まれると、六組の
桑の弓とよもぎの矢で天地四方を射て、将来
を祝う儀式があったことにもとづく。
【出 典】男子生、桑弧六、以射二天地四方
一。天地四方者、男子之所∨有∨事也。
      (礼 記)

…「故事ことわざ辞典」 東京堂出版 参照


<< 10月度の例会 | main | 11月度例会案内 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | ↑TOP
桑蓬会10月例会 議事録(第254回)
桑蓬会10月例会 議事録(第254回)
1.開催日     2006年10月19日(木) 18:30-20:30
2.報告テーマ    トヨタ生産方式の概略
3.報告者     池口 清満さん
4.出席者     池口、浅野、岡田、大仏、仲谷、高槻、小泉、久保、安田、南井、
         奥野(11人)
5.報告内容    トヨタ生産方式の基本思想は「徹底したムダの排除」である。
     .献礇好函Εぅ鵝Ε織ぅ燿平準化→ムダの排除(原価の低減) 
     ⊆働化が特徴的ある。→作りすぎ、不良品の排除→ムダの排除
ムダとは? 〆遒蠅垢のムダ⊆蠡圓船離爛澄↓1身促離爛澄↓げ湛ノムダ ズ澹砲離爛澄↓ζ虻遒離爛澄↓不良をつくるムダ。
後補充生産システムは「前工程が後工程に物を供給する」→「後工程が前工程に、必要なものを必要なときに、必要なだけを取りにいく」。これがトヨタ生産方式の出発点の考え方である。
標準作業とは? 一個流れの生産と運搬、段取り替え時間の短縮、リードタイム、カンバンの流れ、平準化のポイント、販売量変動の調整等、非常にわかりやすくトヨタ生産方式の概略をご説明された。
■トヨタでは「物と設備の最も効率良い組合せを考えて、ムダの無い作業が出来るようにする標準作業」を常に考えている。従業員に「考え抜く力、実践・実行する又は評価する力」を付けるように教育しています。需要と供給のバランスがどのような状態でも対応可能となっています。職場の末端まで自律神経がきき、活き活きした職場、標準作業をベースに徹底したムダの排除、能動的人間が育って、競争力を維持出来る仕組みと言えます。トヨタシステムは供給より需要が多い時のみに対応可能であるから、わが業種や業界には向かないと考えるのは大きな間違いである。平準化に頭を使い、努力した結果がトヨタシステムである。全従業員が「作業をする」という意識でなく「何々を改善する」という意識をもって臨んでいる。全員参画の経営を行っているのがトヨタ・システムである。人財を育成することに力を入れているトヨタは、この考え方を代々受け継がれ、それがトヨタの文化となっている。
 
6.連絡事項
)最会    12月16日(土) 
・12月例会報告   15:30-17:30
・忘年会      17:30-19:30(弥生会館を予定・別途案内します)
⊆_麥祺
11月16日(木) 大仏 健一 「大学における少子高齢化対策
(記:浅野)
桑蓬会報告関連浅野のブログもご覧ください






| - | 17:14 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
スポンサーサイト
| - | 17:14 | - | - | ↑TOP
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
オススメ♪
SPONSORED LINKS
PROFILE
LINKS
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode